読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死んだらどうなるの?②

こんにちは。あかべこです。

前回に引き続きぼくの考えを書いていこうと思います。

 

 

幽霊になる説

f:id:akabekoo:20161012012352j:plain

これもポピュラーな考え方ですね。
ここで疑問点が5つ。

・幽霊が存在しているとしたら地球のキャパを超えているのでは?

今まで数えきれないほどの人間が死んでいるわけで。そんな人数を地球に収容できないよな。さらに言えばここに動物とかも加算されるからね。
仮に”人間以外の下等生物が幽霊になれない。”、”成仏できない人間だけが幽霊になる。”って条件を付け加えても、その数は膨大になると思うし。

・どの時点の姿が幽霊になるの?

脳死して、心肺も停止した状態が”死”って意味だとすると、その状態で幽霊になっても動けないわけですよね。思考もできないし。じゃあ、どの時点での肉体が幽霊となるのか基準があいまいだなあ。

・なぜ物理空間に影響を与えられるの?

未練を残した地縛霊は現世に現れて復讐するらしい。壁はすり抜けられるけど地面をすり抜けてブラジルには行かない???で、心霊写真には映れる。で、生きている人間を物理的に苦しめることができる。ってことは幽霊は情報空間ではなく物理空間に存在するってことか。
あんま合点がいかないなあ。ってか未練がなくて死ぬ人なんてほとんどいないだろ!そんでもって、地縛霊に殺されたやつも未練が残ってまた地縛霊になるだろ!!エンドレス!!!

・服はどうする?

これは誰しも気になる疑問ですね。もし幽霊になって全裸だったら恥ずかしいですからね。そういう趣味がある方は別ですが・・・。
まあそんな話はさておき、心霊写真とか見ると裸の幽霊ってほとんどいないですよね。服はどこで調達してるんだろう・・・。

・食料はどうする?

食料がないと死んじゃいますからね。まあ幽霊は死んでるんだけど!でも実際問題、食料はどうしてるんだろ。そもそも栄養が無くても動けるのかな。それで脳が動くのかな。食料があったとしたら今度は排泄の問題が出てくるし。

 

今回も納得がいく結論には至らず(´・ω・`)次回へつづく。

 

 

幽霊とは何か──500年の歴史から探るその正体

幽霊とは何か──500年の歴史から探るその正体

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。