読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【おすすめ漫画】AI・VR時代到来!「ルサンチマン」を読んでおこう!

f:id:akabekoo:20170212233647j:plain

どうもあかべこライダーです。
今回は僕の好きなSF恋愛コメディ漫画の「ルサンチマン」を紹介します。

どんな漫画?

ルサンチマン 全4巻 完結セット (ビッグコミックス)

ルサンチマン 全4巻 完結セット (ビッグコミックス)

 

2015年の東京が舞台。坂本拓郎(通称たくろー)はウオト印刷という零細印刷所に勤める独身、デブ、ハゲ進行気味のさえない男、ボーナス後のソープが楽しみの素人童貞。30歳の誕生日に旧知の友人3人と飲んだ際に、自分以上にさえない男であるはずの越後大作に、女にもててしょうがない上に仕事まで辞めたという話を聞かされる。

しかしそれはいわゆるギャルゲーの世界であると聞き、いったんはたくろーは呆れる。しかし飲み会の後、越後のアパートでやらせてもらった最新式のギャルゲーは、たくろーの想像を上回る高度なAIキャラクターとバーチャルリアリティプログラムにより構成された現実感(ある意味究極の非現実感)あふれるものだった。
完全な現実逃避とあきれつつ、うらやましく思ったたくろーは、ギャルゲーを楽しむためのパソコン一式を貯金をはたいて購入し、自分も仮想現実の世界を楽しもうとする。仮想現実世界での恋人を作るにはその人格AIをプログラミングしたソフトを購入する必要がある。たくろーはAIソフト売り場で偶然陳列棚の下に埋もれていた「TUKIKO(月子)」というソフトを購入する。喜び勇んで月子との仮想現実での生活を楽しもうとするたくろー、しかしプレイをしていくうちにそのAIソフト「月子」は普通のAIソフトとは違うことに気づいていく。
明らかになっていく月子の正体、話の進展に伴い、仮想現実世界(アンリアル)は現実世界を巻き込んでいく。

参考:ルサンチマン (漫画) - Wikipedia

感想

まず驚くのが第1巻が出たのが2004年なのにも関わらず、2015年のAI・VR事情をまあまあ予言できている点です。当たらずとも遠からず。

女キャラに関しては所謂萌え系の「カワイイ」感じではなく、青年誌の素朴な感じのかわいさ(あんまかわいくないかも(´・ω・`))。男キャラは基本的にキモい(笑)外見だけでなく性格のキモさがとてもうまく表現されています。

何回か読んで気づいたけど、主人公以外もけっこうルサンチマン抱えてる。ギャグで面白おかしく描いてるけど、心にグサッときます。全4巻で打ち切りになったとは思えないくらい濃い内容です。むしろだらだら引き延ばされず、綺麗にまとまってます。

現実世界に鬱憤がたまっている方、現実逃避するために読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版